内視鏡の検査を受けたい

メジャー

生活習慣を見直したい

トイレに行って、便を排泄したのに残便感があるので悩んでいる人が大勢おられます。男性に比べると女性にやや多い傾向があります。残便感で悩んでいる人が増えていますが、夜遅く帰宅してから食事をする習慣があったり、食べてからすぐに眠るなどの悪い習慣があると、腸内の環境が悪くなってしまうので、生活習慣や食生活を見直すことも大事です。学校に通学をしたり、仕事を持たれている人は、残便感があると大変辛く感じており、改善したい人がほとんどです。普段の生活では、ヨーグルトや納豆、漬物などの発酵食品を食べるようにしたり、腸内の善玉菌を増やす働きのあるオリゴ糖などを摂取する必要があります。生活習慣や食生活を改善しても、残便感が続く時は、痔などの肛門の疾患があったり、直腸にポリープができていたり、大腸がんなどの怖ろしい病気が隠れている可能性があります。臭いの強いおならや便がでたり、便の形状がコロコロしていたり、便が細い状態で出てくるなどの異常を感じている人は、専門の病院に通院をして、内視鏡などの精密検査を受ける必要があります。現代は内視鏡の精密検査は以前に比べると、体に負担が少なくなっているので、病気が疑われる時は早めに検査をしてもらう必要があります。精密検査を受けても、異常が見られない場合もありますが、過度なストレスを受けている人も残便感に悩んでいる人が多いです。専門の病院では、必要な場合は内服薬を処方してもらえます。