体からのサインだからこそ

体重計

原因別に早めの対処を

残便感とは、排便してもまだお腹の中に便が残っているように感じてしまうことを言います。実際に便が残っていることも多く、残便感をそのままにすることは危険です。美容面や健康面でトラブルを引き起こす可能性も否定できません。残便感を抱いてしまったら、まずは自分自身の原因を見極め、適切に対処する必要があります。残便感の原因でもっとも怖いのが、病気です。腸内に腫瘍ができてしまうと、便の流れが滞り、残便感につながる可能性があります。急に残便感を抱くようになった場合は、一度病院で検査をしてもらうことで安心できます。病気の可能性を排除できたら、残る原因の中でもっとも多いのが便秘です。便秘が残便感を生み出し、お腹の中に残った便が、さらなる便秘状態を生み出してしまいます。まさに負のスパイラルなので、どこかで一度流れを断ち切る必要があります。こんなときには、ぜひ便秘解消の健康食品やお茶などを上手に活用してみてください。詰まっている便をまずは押し出すことで、自身のリズムを取り戻せる可能性があります。またすぐに便秘になってしまうという場合には、継続的に摂取してみてください。まずは便を出すことで、胃腸の働きを活発にします。食事内容を見直したり、運動習慣を取り入れて筋力をつけることで、体質そのものを変えていけるでしょう。残便感を抱いてしまうのは、体がなんらかのサインを送っている証拠でもあります。早めにキャッチして対策をとるのがオススメです。

レディ

まずは原因を見極めよう

残便感の原因はさまざまですが、便秘や病気、さらにはストレスなどからくる自律神経の乱れが挙げられます。残便感を解消するためには、まずは自分の原因を見極めて、必要な対策をとるのがオススメです。改善することで、健康面でもメリットを得られます。

お腹

便が残ったような感じ

毎日の排便で安心しても残便感がある人は便秘や病気の可能性があります。お腹に不快な感じがしたり、なんとなく便が出ていなくてスッキリしない人は病院の検査をするか対策を取ることをお勧めします。便をスッキリ出して健康な体をつくりましょう。

メジャー

内視鏡の検査を受けたい

トイレで便を排出したにも関わらず、残便感を感じて悩んでいる人が多く、男性よりも女性にやや多い傾向があります。夜遅く食事を食べる人や、食べてから就寝するなどの悪い習慣がある場合は、生活習慣や食生活を見直すことも大事です。